真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

食べることは神事

伊勢神宮では一年に1500回の神事があります。そのうちの半分は一日に二度の神様のお食事です。
神様にお供えしたお下がりをいただいたり、秋には収穫に感謝するお祭りをします。

食べ過ぎで病気になる現代というのはほんのわずかな期間で、基本的には飢えとの戦いでした。食べないと人間は死にます。食べるということは命を長らえることと直結しているのです。だから食べることは大事な神事なのです。

さて、真光の攻撃には手かざし済みのものを飲食させるパターンが多いです。
unlearn-mahikari.hateblo.jp
unlearn-mahikari.hateblo.jp
unlearn-mahikari.hateblo.jp

直接手かざしをすると気づかれることもあります。食べ物を渡すだけならバレにくいですよね。食べ物を捨てるのってかなり抵抗感がありますし。
手かざしの毒を盛ると体内に取り込まれ、抜けるのに時間がかかります。
人間の身体は食べたものでできています。自分の材料に真光が含まれるなんて嫌ですよね。

自分の行きつけのスーパーの店員に真光信者がいたら、知らず知らずに手かざし済みのものを口にしているかもしれません。
unlearn-mahikari.hateblo.jp
個人が勝手に職場などで手かざしを行うことはあるでしょう。真光はそういうことを悪とは言わないでしょうね。

私も真光に関わりがあったのに、実家から手かざし済みの米をのんきに食べていました。
手かざし米を食べていた時期は、毎日悲しいし不安で大変でした。目の前によいことがあっても悪く受け取って被害妄想のような状態でした。

真光のことを何も知らない一般の人も、知らない間に手かざし済みのものを口に入れていることがあるかもしれません。私は手かざしの毒の怖さをよく知っていますが、何も気にならない人もいるかもしれません。

単に有機農法や無農薬の野菜やお米を買ったつもりなのに、手かざし済みかもしれない。エコでロハスエシカルな生活がしたかっただけなのに、聞いたこともないカルト宗教の邪念がこもった食べ物を食べさせられる。

オウム事件の影響もあり、宗教の看板をかかげていてはそんなに人は寄りつきません。宗教であることを隠して騙す手法はすでに広がっています。
スピリチュアル、自己啓発、エセ医学、占いなどなどカルトの手法はいろいろな分野に応用が利きます。

宗教というラベルがあるかないかだけで判断すると、カルトかどうかという肝心の判断が抜け落ちてしまいます。