真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

真光の妹

信者の妹のことを語るのは大変に気が重いです。
unlearn-mahikari.hateblo.jp
unlearn-mahikari.hateblo.jp

彼女の邪悪さは生まれつきのもので真光とはあまり関係ありません。むしろカタにはめて邪悪さを押さえている面があるので入信してる方がよいのです。

妹は本来なら教団内でバリバリ出世してるタイプです。
二代目におそらく似ていると思います。むしろ憑依しているのかもしれません。

妹には生まれつき人間らしい情動というものがありません。うしおさんも「死体と話してるみたいで何を考えているか分からない」と言っています。
犯罪者であっても感情や良心が0の人間はそうそういません。彼らなりの理屈やルールや正義があります。それすらないのです。

共感能力がなく、人を傷つけることに罪悪感がありませんが外面だけはよいのです。人を駒のように扱いますし、夫は奴隷です。

関係が浅いうちは魅力的に見えます。社交能力は高く友達も多いです。これがよい人ばかりで、今思えば騙されやすいのでしょうね。

子供の時も、親や祖父母が「二人で使うように」とくれたおもちゃなどは一人で独占するのは当たり前。私が買ってきたゲームも取り上げて妹が先に遊び始めます。

支配的な妹のトラウマで、私は女性恐怖症です。

女性が怖いうちは、私は呪われています。だいぶましになったとは言え、職場の女性を避けてビビっていました。話してみると案外自分は嫌われたりバカにされていないことがわかり、逆に好かれていることが分かりました。

恐怖が消えたら囚われなくなります。妹から解放されるまで、もう少しです。