真光やめたら幸せになりました

真光やめるほどじゃないけど、ちょっと疲れたな。そんなときは一息つきましょう。無理にやめなくてもいいんですよ。

【神社検定のコツ】神社巡りに行こう【参級・弐級】

丸暗記は非効率

神社検定の参級・弐級では様々な神社が取り上げられています。

行ったことのない神社はなかなか頭に入らないものです。
おでかけついでに参拝に行きましょう。

京都じゃなくても伏見稲荷はある

特に参級「神社のいろは」で取り上げられている神社はメジャーどころばかり。
八幡様やお稲荷さんを始め、多くの地域でお祭りされています。

近くの神社を検索しよう

www.jinjahoncho.or.jp
都道府県の神社庁のウェブサイトにはだいたい地域内の神社検索ページや一覧があります。
特に東京都神社庁は地図や路線名などのキーワードで検索できるようになっています。

例えば北海道には諏訪神社(長野)、愛宕神社(京都)、住吉神社(大阪)、熱田神社(名古屋)、出雲神社(島根)金刀比羅神社(香川)と多くの神社があります。

「うちの近くに春日様はないのねぇ。残念」
諦めるのはまだ早い。
神社名には入っていなくとも、ご祭神様単位では祀られていることもよくあります(ご祭神様や末社・摂社まで記載しているかは各神社庁によってまちまちです)。

例えば茨城県真弓神社のご祭神様は大己貴命少彦名命
境内神社には竈殿神社(澳津彦命)・琴平神社(金山彦命)・阿夫利神社(石礙度売命)・厳島神社(市杵島姫命)・稲荷神社(倉稲魂命)・八幡神社(誉田別命)・秋葉神社(軻遇突知命)・天満宮(菅原道眞)・大杉神社(猿田彦命)・二十一社(21神)と多くの神社があります。
たった一社で教科書や神話に出てくる神様にたくさんお参りできます。
意外とデータベースとして使えるのがingressという位置情報ゲームのマップです(アカウントを作成する必要があります)。
intel.ingress.com
気づかないような小さな祠やお地蔵さんレベルまでカバーしていることもあります。
【Ingress】ポータルやポケストップになりやすいもの・だめなもの – Yugioh Hack
ご近所さんを適当に巡って探すのも一つの手です。

教科書を読んだり、ノートに何度も書いたりしてもなかなか覚えられません。
実際に参拝に行くのが一番。体験したことはなかなか忘れにくいのです。

楽しみながら覚えよう

ついでに、参級なら明神鳥居と神明鳥居がよく出題されます。こういうことも教科書片手に現物を確認しましょう。

社殿の種類は、神明造と大社造しか出題されないでしょうが「八幡様はやっぱり八幡造なんだなー」などと思いながら参拝するのも味わいがあります。
趣味の検定試験ですから出題されない事柄も楽しみましょう。