真光やめたら幸せになりました

真光やめるほどじゃないけど、ちょっと疲れたな。そんなときは一息つきましょう。無理にやめなくてもいいんですよ。

飾りじゃないのよ教祖は

あほ面教祖と言われて

当ブログでもカリスマが足りないとか、顔に締まりがないなどとクサしてきた三代目。

人口減によって神社ですら40%がなくなり、寺や大手新宗教も盤石ではない未来が見える中、果たして彼は無事教団を運営していくことが出来るのでしょうか?
教団にとっては今の方がよっぽど「経営が火の洗礼」と感じてるかもしれません。

真光の正式な信者数は分かりませんが、まだそれなりに人数がいるでしょう。
知ってたら誰か教えてください。

真光は老舗

起業しても10年以内に9割が倒産すると言われている中、真光は60年も続いています。
分派した1978年で起算しても41年です。企業としては老舗と言えるでしょう*1

真光は教祖への人物崇拝が強いように見えます。
しかし、代替わりを経て長続きしているということは、組織として運営が出来ているということです。

教団の顔である教祖が有能である必要はありません。有能な部下を抱えることができればよいのです。
教祖のことばかり見て、真光が組織であるということを忘れてはいけません。

飾りでいいのよ教祖は

彼の周りには、2代目を支えてきた優秀な幹部達がまだ残っているでしょう。
彼らにとって崇拝の対象はあくまでも2代目です。
新しい有能な教祖など必要ありません。無能の方がむしろ都合がいいのです。

スケープゴート

真光の特徴としてスケープゴートを利用することが挙げられます。
例えば2代目は初代をスケープゴートにしました。
崇教真光創始者は2代目恵珠氏であり、彼女が育て上げた教団です。
しかし分派前の光玉氏が批判対象の中心となっていました。

今は三代目自身がスケープゴートとなっているのです。

院政

3代目を名目上は教祖にして矢面に立たせ、その実質は自分たちの思いのままに動かす。
実態は院政や傀儡政権と呼ばれる状態でしょう。

3代目をバカにしても憎しみは真光を利するだけ。
ただのお飾りであり、動かしているのは周りの人間達なのですから。

*1:ここに脚注を書きます www.tsr-net.co.jp