真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

書籍紹介:仁義なきキリスト教史

キリスト教史をヤクザパロディ

「おやっさん、おやっさん、なんでワシを見捨てたんじゃ! 」
磔刑にされるキリストが最期に残した言葉「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」を広島弁ヤクザにした結果がこれだよ!

今回紹介するのは、出版当初SNSで一躍話題になり、神学という地味なジャンルで売れた「仁義なきキリスト教史」の紹介です。

仁義なきキリスト教史

仁義なきキリスト教史

お手頃な文庫版もあります。旧約聖書のエピソードが一章おまけで増えてるので文庫版がオススメです。

ちなみに気合の入った表紙イラストは田亀源五郎というゲイ漫画などを描かれている方です。

キリスト教って洋画でもモチーフになるし、知っておいた方がよさそうだけど聖書って難しくて何言ってるかわからない」という人向けです。
全編に渡ってしょうもないヤクザ抗争に譬えられて笑いが止まらなくなるので暇つぶしの娯楽にピッタリ。

クリスチャンの反応も様々で面白がったり、「だいたい合ってる」と評価されることもあります*1
ちなみにあとがきで、著者があることについて謝罪をしています。これは実際に本を読んで確認してほしいですね*2

聖書じゃなくてキリスト教の歴史

ちなみに聖書ではなくあくまでも「キリスト教史」ですので、キリストの話は案外少なかったりします。
教科書にも載っている十字軍や宗教改革カノッサの屈辱など。字面を見ると固そうですね。後半は血なまぐさいです。

芸術新潮 2017年 08 月号

芸術新潮 2017年 08 月号

「聖書の話をしてほしかった」という声があったせいか芸術新潮2017年8月号では「新・仁義なき聖書ものがたり 新約聖書ウルトラミラクル・ガイド」という特集を組んでいます。
絵画に描かれた聖書の物語という切り口で、やっぱり広島弁ヤクザ。

西洋絵画の一番格上は宗教画。古い名画とヤクザ言葉はなかなか新鮮な組み合わせです。芸術新潮はなかなかよい雑誌ですよ。

*1:当然怒ってるクリスチャンもいますが、キリスト教は娯楽に厳しいから仕方ないね。

*2:文庫版にもあります