真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

真光の元ネタは神道:幽世

幽世(かくりょ)という言葉があります。
真光でもたまに出る言葉ですね。霊界と幽界と現世? 三つ世界があるという設定でしたかね。あまり覚えていないのですよ。

この幽世という言葉の元ネタをご紹介します。
何のことはない、日本神話が引用元です。古事記日本書紀に載っている出雲大社のご祭神である大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)は国作りを完成させた後、天照大御神に国を譲り、幽世という見えない世界を治められます。

古事記(神話のおへそ)*1では「片隅の国」日本書紀*2第九段本文では「遠い隅の地」その一書第二では「神事(かみのこと)を治める」「幽事(かくれたること。幽れた神事)」という言い回しです。
神事と幽事は同じ意味で目に見えない神々の世界や、現世に対する幽世は霊魂の世界とも解釈されているそうです。

ちなみに大国主神は国を譲る条件として天日隅宮(あめのひすみのや)という宮殿を造営してもらいます。これが出雲大社です。

私が忘れたのか真光が説明していないのかは分かりませんが、幽世とは本来このような意味なのです。