読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

おすすめのバラエティ番組

NHK総合で毎週月曜夜7時30分から放送している鶴瓶の家族に乾杯という旅バラエティがおすすめです。
鶴瓶とゲストの二人で地方都市を巡る番組。筋書きなしの「ぶっつけ本番」という企画は鶴瓶さんの人柄のよさを抜きにして成立しません。

何故いい人としか出会わないのかというと簡単で、釣瓶さんの人格がよいからです。彼は番組中にスタッフにおごったり、「スタッフにあげてもいいですか?」とお裾分けをしたりしています。

ゲストに大河ドラマなどで歴史に実在した人物を演じる俳優が来ることがあります。もちろんその人にゆかりのある土地を訪れるのですが、何も知らずにたまたま訪れた場所が、菩提寺や関係のある史跡だったり、人に出会ったりしています。

おんな城主直虎の主役を演じる柴崎コウさんも、偶然声をかけてきた男性が彫刻家で直虎の像を造っている方でした。こんなことが時々あって「呼ばれたんだなあ」と思いました。

私は鶴瓶さんの人間性のおかげだと思っているのですが、この番組ではゲストの性格がよく分かります。哀川翔さんもVシネの印象で怖そうに見えますが、見た目を裏切る純粋な人でびっくりしました。すぐに感動するしカブトムシが大好きで、少年のようです。
柴崎コウさんもバリキャリのイメージでした。彼女は思ったことを何でも口してしまい、無邪気ですぐに半泣きになってしまい、思わず周りが世話を焼きたくなってしまうタイプでした。

ゲストも旅先で出会う方々がすべてがいい人なんです。あたりさわりのない感じではなく、本当に人がいい。

ラウンジのママさんが出たときは、従業員の女性たちが鶴瓶に会おうと子供を連れて職場にかけつけました。ここから分かることは従業員と家族ぐるみのおつきあいをしているということです。スタッフを大事にしてそうだなと思いました。
ボーイもさわやかな好青年です。店内は広く、すっきりときれい。女性たちの変身後もきれいめスーツのような感じで上品でした。ここから客筋のよさがわかります。

他にもパートの女性が主体的に働くみかん農家なども訪れました。息子に家業を継がせたら、売り上げが伸びて従業員が三倍に増えたそうです。
引きがいいとしか言いようがありません。

鶴瓶さんがたまたま訪れた日が、出会った人の旦那さんの命日だったということが何回かあります。時に励ますこともあり、旦那さんに呼ばれたんだねと思いました。
勘で鶴瓶さんが突然島に渡ったら古い知り合いがいたなど、不思議なことがときどき起こります。ウナギ料理店に訪れたときも、以前に彼が訪れたことのあるウナギ問屋から仕入れていたという巡り合わせもありました。

鶴瓶さんはよく「人のご縁やなあ」と言います。哀川翔さんが何回も「これって仕込みなんですか?」と何度も確認したくらいに不思議と縁がつながります。

真光にいると人の温かみや人柄のよさというものが何なのか分からなくなってしまっています。
鶴瓶の家族に乾杯を見て、いい人たちの心根に触れてみてください。