読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

真光やめたら祟りがあるの?

Q&A 真光の正しい倒し方 信仰

ありません。
あったとしても、真光を続ける方が百万倍不幸です。

真光から攻撃を受けた話をちまちまと書いているので、「真光やめたら罰が当たるの?」とか、「こんなオカルトじみた人生を送るハメになるの?」などと思った方もいるのではないでしょうか?

まず最初に、オカルト事件は基本的に真光とは関係ありません。
山の神事件で変に霊感がついてしまったせいで何かと気づきやすくなったり巻き込まれがちになっただけなのです。この辺は私とうしおさんの特殊な事情といえます。
unlearn-mahikari.hateblo.jp


ただ真光と戦うのにうしおさんの霊感はものすごく役に立つというメリットがあります。ちょっとしたオカルト事件に遭う(救済処置あり)というデメリットと比較しても、トータルでは圧倒的なプラスです。

「真光に批判的なことを書いたら怖いことになりそう」と恐れている人は遠慮なくこのブログのコメント欄に書き込んでください。よそ様のサイトですが真光被害者の会の掲示板に書いてもいいと思います。

さて本題の真光の祟りについてお話ししましょう。
時系列で言うと、オミタマを返納した後は何もありませんでした。
やめた直後の時期にたまたま不幸が起こると、そこに真光はつけ込んできて「真光から離れたせいだ」と思いこませます。いざやめてみると最初は強気でもちょっとしたことで不安になってしまうものです。

人間は恐怖には耐えられても、得体の知れない不安にさらされ続けるのは耐えきれないものです。やめる前後に神社やお寺でお祓いをしたり、お守りをいただいてきましょう。清め塩は役に立ちます。

気持ちの問題なので、心が安らぐようにするのが肝心です。「祟りかもしれない」と恐れることでつけいる隙が生まれるからです。恐怖に襲われたときに神棚や仏壇に祈ったり、お守りを握りしめれば安心ができます。

真光の洗脳が解けてから手かざしの有害さに気づきました。
unlearn-mahikari.hateblo.jp

真光を本当の意味でやめられたから、ようやく真光がどれだけヤバいか気づいたというのが正しい言い方です。

真光漬けになってたら手かざしを受けたり施したり、手かざし済みの食べ物を食べたり、恐ろしいことだらけです。
不幸になって当たり前だよ!
私は真光やめても手かざし済みの米を食べていましたから、気分は暗いし理由もなく悲しくなるし、頭の中が黒い霧でもやもやと覆われていた感じでしたね。

今は明るく楽しく暮らしてますし、最近はいい人にばかり出会いますし、運気がぐんぐん上昇してます。

繰り返しますが、真光漬けのままでは今の自分がかなり不幸な状態にあることに気づくことすらできません。もし仮に、脱会後にオカルト体験や不幸現象が起きたとしても、現役の真光信者を続ける不幸に比べればほんの些細なことです。誤差の範囲ですよ。

本当の正しい神は自ら選び取るものであり、恐怖で縛り付けるようなものではありません。あなたが脱会後に起きる不幸について怯えているという事実そのものが、真光は邪教だという何よりの証拠です。