読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

元信者同士の言い争い

真光元信者向けの掲示板をときどき見ています。
先日はとあるスレで二人がしょうもない言い争いをしていました。きっかけは、「スルーすればいいのに」という程度の言い言葉に買い言葉でした。しかし中身のない罵詈雑言の浴びせ合いへとエスカレートしていき、人格攻撃はもとより家族への侮蔑や差別発言まで飛び出す始末。醜い論争で埋まったスレッドは本来の役割を果たせなくなりました。
この二人は現役信者と元信者というわけではなく、二人とも真光に対して批判的な考えの持ち主です。つまり真光からの攻撃というわけではありません。

しかし「真光に対して批判的な者同士」が口げんかでモメるなんて、真光の神とされるものは大層喜んでいることでしょう。ネガティブなエネルギーや汚い言葉は真光の神とされるものにとっては何よりのごちそうです。

真光に批判的な者同士だからといって必ずしも気が合うわけではありません。好き嫌いはありますし、人間ですから時にはケンカになることもあるでしょう。ただし、あまり続くようだと真光を利することになることは忘れないでほしいと思います。

真光に批判的な人間同士がモメて得をするのはいったい誰でしょう?

私はこのように考えました。「真光の神とされるものが、批判的な元信者同士を仲違いさせようとしているのではないか? スレも書き込めなくなり、本来の役割を果たせなくなって一石二鳥ではないか」と。

真光にパワーを与えてまでやりたいケンカなのかは、冷静に考えて欲しいなあと思います。