読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

山の神とカルトの邪神VS神仏基連合

真光との攻防 真光の正しい倒し方 信仰

山の神事件の後は「よい気をもらいに行こう」とうしおさんが言うので寺社巡りをしていました。
うしおさんの提案で、今度は近くの有名な教会に行くことにしました。海外旅行で教会に行ったことはありますが宗教目的で行くのは初めてです。もはやなりふり構わずいろんな神様のところに行くのでした。

入り口の穏やかなマリア様が出迎えてくれました。やはり足を踏み入れると「その神が支配する領域に入った感」があります。
敷地内に鐘があったので鳴らしました。西洋の宗教であっても魔を祓うものはだいたい同じですねえ。美しい教会の中は歴史的に貴重な展示品があり、教科書でしか見たことのなかった踏み絵の実物を始めて見ました。うしおさんが言うには踏み絵にはなんとも言えない感情がこもっているそうです。ご当地マリア様は郷土感あふれてなんかおもしろかったです。

ところどころに聖書の言葉が書いてありました。「私が神様を信じるのは、地獄に行きたくないからとか、いいことがあるからとかそういうことじゃないんです」的なのがあって感動しました。
どこの節からかまったく分からないのでご存知の方がいたら教えて下さい。

マリア様が気に入りました。「マリア信仰は禁止してもしてもみんなやめなくて、キリストより人気があると言われてるんだよ」とうしおさんから聞きました。
売店で和風のマリア様のイラストがあったのでおもしろいなと思って買いました。メダイ(メダル)も緑色がきれいだなと思って柄をまったく確認せずに買ったらマリア様でした。ご縁を感じます。

外に行ったら入り口とは別の場所にまたマリア像がありました。穏やかな優しい表情で「みんなのおかん感」があふれています。お母さんはみんな大好きですからね。
うしおさんが「マリア様がtenさんのことをやさしく見つめていたよ」とかなんとか言っていた気がします。

私はかなりの甘やかされ体質で、今も慈母のようなうしおさんにかわいがられて生きています。困っていると割とみんなが助けてくれますし、うしおさんからは「神様クラスの存在からも全力で甘やかされている」と言われています。なかなかの甘えん坊体質だなあと思います。

かくして寝室の隣には神棚、トイレの神様仏教)、居間にはマリア様の和風イラスト、このブログを書くのに使うポメラにはマリア様のメダイがついています。電子機器はキリスト教の担当という感じがしたので電子機器につけました。

かくして三大宗教が我が家に揃ったのでした。鉄壁の守りです。