真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

真光の神とされるものの正体

真光が特に念入りに嫌っているのは豆まき。物質文明を進歩されるために神の台座を譲って降りたときに「炒り豆には花も咲かぬ」と投げつけられたというお話だったでしょうか?(辞めてからかなり経つので記憶があやふやです)
信者の母からは「鬼は本当は『御二(おんに)』という二番目にえらい神様なんだよ」と聞きました。よって真光の神とされるものの正体は鬼なんじゃないかと思っています。

「真光の正体は蛇だ、いや龍神だ」と言う話はたまーに出てくるのですが、「正体は鬼説」を唱えるのは私くらいのものでしょう。

うしおさん的には、真光の神とされるものの正体は「低級霊が色々集まった集合体」だそうです。更に被害者たちの悲しみや恨みが流れ込んでえらいものになってるそうな。