真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

真光の罠

真光の罠:人格攻撃

Fさんは真光批判サイトを立ち上げるのは面倒くさいので、真光批判系の掲示板に投稿するようになりました。ときおり現役の信者が乱入することがあり、そんな彼らを「論理的に」打ちのめすのがFさんの喜びでした。教義の矛盾やパクリ、手かざしのインチキ、教…

結婚したい人が真光信者です

「結婚を考えている相手が真光信者です。どうすればやめさせられますか?」 tenの回答:「別れるか、あなたが入信してください」 「やめさせる方法を聞いているのですが?」 書き間違いではありません。別れるか、「あなたが」入信するかです。やめさせるとい…

トイレの神様設置編

お札の交換 トイレの神様のお札をいただいたので新しく貼り直しました。 unlearn-mahikari.hateblo.jp うしおさんが「トイレが力強い感じになったよ」と声をかけてきました。確かに護られてる感が昨年より強い気がします。トラブルがあり、消耗して帰宅しま…

お寺参拝の妨害

行けない その日の朝は大変でした。一年ぶりにお寺に行く予定でした。山の神事件の直前にいただいたトイレの神様のお札を返納し、新しいものをいただくためです。 unlearn-mahikari.hateblo.jp最近トラブルがあり、前日に無事解決したものの、妙に不安感が強…

加湿器の断末魔

粗大ゴミ 掃除をしていたら、完全に存在を忘れていたものが奥から出てきました。 妹から押しつけられた加湿器です。今では吹き出す蒸気が熱くないタイプが主流ですね。これは妹が先輩からもらい受けた古いものなので、蒸気が熱くなるタイプ。子供が触ると危…

雷鳴とともに届いた手紙

まだ真光で消耗してるの?(イケハヤ感)前回はこちら。 unlearn-mahikari.hateblo.jp 神社にお礼状を送ってから数日後のことです。正直返事はあまり期待していませんでした。 夕方、家に着く直前に何故か「お返事がきた!」と思い、郵便受けを確認したら空…

真光の元ネタは神道:柏手

柏手 真光では柏手を打ちます。 仏教では手を合わせ、神道では柏手を打ちます。ですから元ネタは神道なのです。真光式は二拝三拍手一拝でしたっけ? 昔すぎて記憶が曖昧です。 一般的な神社は二拝二拍手一拝が標準です。これは明治時代から一般化しました。…

謎の白い粉

真光は神社が嫌い 神社やお寺に行こうとすると強く邪魔が入るときがあります。 その翌日は磐座(いわくら)のある山に行く予定でした。磐座というのは神様がよりつく岩石の依代(よりしろ)のことです*1。その夜にご朱印帳をバッグに入れるつもりでしたが、…

真光のやめ方:手続き編

真光やめたい 「真光をやめたいです。どうすればやめられますか?」 という疑問をお持ちの100万人の皆様こんばんわ。 実によくある質問ですね。退会届を出すとか、おみたまを返すとか、そういう解答が多いです。 退会するには - 1254324711 - したらば掲示板…

真光は神道系カルト

元ネタは神道 基本的なことですが、真光は神道系カルトです*1。大本教のことはいったん脇に置きましょう。柏手も打ちますし、祭神の名前に大御神とか親とかついてますしね。イズノメも古事記にある名前です。月並祭は月次祭が元ネタですし、参拝前に手を洗い…

二代目は妾

批判サイトで必ず触れる件ですね。基本情報ですが初代には妻子がおり真光には入信せず離婚しています。二代目は愛人だと言われています。愛人というところを責めるのはなんか違うんじゃないかなぁと前から思っています。あの時代がどういうものか分かりませ…

パンダの攻撃

変なパンダ 会社でお祝いごとがあり、関係者の方から色々いただきました。贈答品の飾りに小さなパンダの小物がついていました。ちょっとリアルな感じがするぬいぐるみで、手触りから本物の動物の毛を使っているようでした。気持ちが悪いし特に使い道もないの…

真光の罠:真光に入ったことを後悔し続ける

真光小咄。 Eさんは、真光に魅せられて入信しましたが、色々と嫌なことが多かったので退会しました。 Eさんは真光をやめてからずいぶんと経ちますが、真光に入信したことをずっと後悔していました。 お金も時間も無駄にしてしまいました。しつこく勧誘して友…

私の感謝:災い転じて福となす。

不幸が起きても、それが単なる不幸のままで終わるとは限りません 人間関係でもめたけど、誤解が解けたし自分の悪いところも反省した。 相手の浮気で大好きな人と別れて、毎日泣いて暮らしていたけれど、よく考えたら暴力は振るうし借金癖のある人だった。 事…

真光式感謝

真光の教えの「痛みに感謝」って変ですよね。マゾヒストじゃあるまいし、痛みや不幸そのものに感謝できるわけがありません。 確信をもって言いますが真光は感謝が大嫌いです。よってそんなきれいな気持ちは信者に持ってほしいわけがありません。 真光が言う…

真光の罠:神も仏もあるものか

真光小咄 真光信者のDさんは長年信仰を続けてきました。道場長や幹部の言動があまりにひどく、ずっと耐えていましたがついに限界を超えてしまいました。 検索しているうちに真光の洗脳テクニックを知り、インチキだと気づき脱会しました。真光でさんざんな目…

真光の罠:教義批判

真光小咄。 Cさんは真光批判サイトを立ち上げました。 真光の教えを丹念に調べ、元ネタが何なのかをまとめて記事にしました。真光の教えにオリジナリティというものはなく、パクリだコピペだという結論になりました。そんなサイトの内容に真光の神とされるも…

真光が避けるもの3 先祖崇拝

日本は先祖崇拝が当たり前のものとなっています。ここを悪用して真光は「先祖の祟り」だの「戒告現象」だの「先祖祀りしないと不幸になる」と脅してきます。しかし実際に真光がやらせるのは先祖との断絶です。普通はお彼岸やお盆などには墓参りをするもので…

真光の罠:洗脳から覚めた

真光小咄2。二世組み手のB子さんは、元々熱心ではない信者です。親に言われていやいや真光隊に参加したり、本山に行かされたりしていました。 道場で嫌なことが続き、ふとした思いつきから手元のスマホで真光のことを検索しました。Yahoo!知恵袋を見ているう…

真光の罠:おみたま返しました

真光小咄。母親の意思で二世信者となったA子さん。 A子さんは都会で就職し、やがて恋をして結婚することになりました。夫となる男性は真光によい顔をしませんでしたが、家族を巻き込まないことを約束してめでたくゴールイン。信者ではない男性と暮らしている…