真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

信仰

天津祝詞は存在しない?

天津祈言の元ネタを探して 「天津祝詞」で検索すると、真光の「天津祈言」の元ネタらしきものがヒットします。 それをオリジナルと思いこんでしまい「アマツノリゴトじゃなくてアマツノリトが正しいですよ」という記事を書くつもりでした。もはや脱会して随…

真光の元ネタ:恢弘(かいこう)

私も恢弘(かいこう)をやったことがあります。 恢弘とは地域の民家を回って真光を広める活動です。知り合いに出会ったらどうしようとひやひやしながら各戸を回ったものです。うしおさんに話すと「ブラック企業とやり方が同じだね」と言われました。広めるこ…

真光の元ネタは神道:注連縄

神社と言えば鳥居に注連縄。 真光は古来の宗教で縁起が良いものや清浄なものとされるものを否定していますが、しめ縄もその一つです。 正神が天の岩戸にお隠れになった時に、岩戸を縄で縛って出れないようにしたのがしめ縄の始まりだと初級研修会にて教えら…

不幸と感謝

最近は昔の嫌なことばかり思い出します。 前職での理不尽ないじめのことや学生時代の友達のもめごとなど、あれやこれやと古~い記憶が次々と蘇ります。なんだか精神状態がよくありません。 真光のせいかなぁ、体調の問題かなと悩みつつ神棚を拝んで報告しま…

雨の山に行くとスネた神様がガン飛ばしてくる

大自然 うしおさんと大自然満喫しに出かけました。 夏の盛りですが、天気は曇りで過ごしやすくなりそうです。ランチを食べにカフェを目指してドライブ。その店のすぐ近くに鳥居がありました。 「あ、これあかんやつだ」 と二人で話しました。鳥居はそれなり…

うしおの霊感と神がかり

うしおと神道 うしおさんは神道の家で育ちましたが、「神社のいろは」に書いてあるようなことを教わったり習ったりしたわけではありません。神社検定公式テキスト1『神社のいろは』作者: 神社本庁出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2012/02/10メディア: 単行本…

食べることは神事

伊勢神宮では一年に1500回の神事があります。そのうちの半分は一日に二度の神様のお食事です。 神様にお供えしたお下がりをいただいたり、秋には収穫に感謝するお祭りをします。食べ過ぎで病気になる現代というのはほんのわずかな期間で、基本的には飢えとの…

五色人の元ネタは陰陽五行説

古来より日本は中国からの影響を受けています。古代の国際語は中国語でしたし*1、老子や孫子など中国の書籍は教養とされていました。 陰陽五行説 この宇宙のすべては「木火土金水(もくかどこんすい)」の5つの要素と「陰陽」2つの要素の掛け合わせ成り立つ…

初代光玉=イエス・キリスト説

「tenは気でも狂ったか」と思ったかもしれないブログ読者と真光信者とキリスト教徒のみなさまいかがお過ごしですか。不謹慎を恐れてカルト批判はできません。もうずいぶん前から、私とうしおさんの中で光玉氏のことは「害のないおもろいおっさん」という結論…

書籍紹介:仁義なきキリスト教史

キリスト教史をヤクザパロディ 「おやっさん、おやっさん、なんでワシを見捨てたんじゃ! 」 磔刑にされるキリストが最期に残した言葉「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」を広島弁ヤクザにした結果がこれだよ!今回紹介するのは、…

真光の元ネタは神道:幽世

幽世(かくりょ)という言葉があります。 真光でもたまに出る言葉ですね。霊界と幽界と現世? 三つ世界があるという設定でしたかね。あまり覚えていないのですよ。この幽世という言葉の元ネタをご紹介します。 何のことはない、日本神話が引用元です。古事記…

真光の元ネタは神道:ハラヒキヨメと祓え

真光ではハラヒキヨメやオオハラヒ祭などとありますね 神道では禊祓(みそぎはらえ) 教科書にはありませんでしたが、神様にしてもらうのがハラエでするのがハライのようです。祓えに使うのは大麻(おおぬさ)や塩湯(えんとう)。塩湯は文字通りですが大麻…

雷鳴とともに届いた手紙

まだ真光で消耗してるの?(イケハヤ感)前回はこちら。 unlearn-mahikari.hateblo.jp 神社にお礼状を送ってから数日後のことです。正直返事はあまり期待していませんでした。 夕方、家に着く直前に何故か「お返事がきた!」と思い、郵便受けを確認したら空…

真光の元ネタは神道:柏手

柏手 真光では柏手を打ちます。 仏教では手を合わせ、神道では柏手を打ちます。ですから元ネタは神道なのです。真光式は二拝三拍手一拝でしたっけ? 昔すぎて記憶が曖昧です。 一般的な神社は二拝二拍手一拝が標準です。これは明治時代から一般化しました。…

山、愛の試練 後編

前回はこちら unlearn-mahikari.hateblo.jpそこは原始的な空間でした。 木々に囲まれた道を下り、伝説の残る岩や、その手前に置かれた石仏を拝みます。 大きな岩を見てうしおさんが何かを感じ取ります。「ここは人の気配があるね。誰か住んでいたのかな。 神…

山、愛の試練 前編

神の山に行こう 橋を渡って清流を越えると空気が変わり、まさに神の山です。 人が多すぎて入山するのに時間がかかるので、川のせせらぎを楽しんでから麓の喫茶店でゆっくりしていました。お店は満杯で、外国人客も多く言葉が通じなくてトラブルが起きていま…

真光の正体は二代目

真光の神とされるもの 「真光の正体は二代目そのものじゃないか?」と思いついてうしおさんに聞いてみました。「真光が、それは調べないでくれと言ってる。(真光の意志が)飛んでくる。すごい嫌がってる気配がする。これは逆に、調べた方がいいと思う。ソー…

常世(とこよ)の神騒動

カルトだって歴史深い 日本書紀には「常世神騒動」というカルト宗教の記述があります。 皇極3(644)年、静岡県藤川の河口で、大生部多(おおふべのおお)という人物が、虫を常世の神と称して「この神を祭れば富と長寿が得られる」とふれ回りました。巫女た…

真光の元ネタは神道:玉串

玉串 真光でいうお玉串はそのまま神道の「玉串」が元ネタです。 玉串とは 榊の枝に紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけたもので、お参りのときに神前に捧げるものです お金を包む玉串料や御榊料の方がなじみがあるかもしれませんね。 榊=神+木 榊は文字通り神…

神社検定参級のコツ

2017年6月18日に神社検定参級を無事に受験しました。 神社検定 - 神道文化検定 / 知ってますか?日本のこころ 勉強をしていくうちに色々と気づくことがあったので、コツとしてまとめておきます。 割と難しい たかが趣味の試験と侮るなかれ。勉強を始めてみる…

夏越の大祓え(なごしのおおはらえ)美容法

夏越の大祓神事とは? 多くの神社では6月30日と12月31日に大祓(おおはらえ)という神事が行われています。大祓は一年を2期に分け、半年の間に知らず知らずに犯した罪、積もりつもった心身の穢れ、いっさいの災いを消滅し、清浄な本来の姿を取り戻すための祭…

アンパンマン神道説

ご存じですかアンパンマン。子供の大好きなアレです。実はアンパンマンはすでに神様と呼ばれています。 子育て経験者の方はよくご存じかもしれませんが、小さな子供は異様といってもいいくらいアンパンマンが大好きです。ビデオなどを見せると大変集中して食…

道場の上だけ暗い雲

真光の道場の上だけ曇っているというお話があります。(高丙文さんのブログにあった気がするんですがうまく見つけられませんでした)。 うしおさんも似たような光景を見たことがあるそうです。「こういうことはありえると思うよ」と言っていました。 真光の…

真光は神道系カルト

元ネタは神道 基本的なことですが、真光は神道系カルトです*1。大本教のことはいったん脇に置きましょう。柏手も打ちますし、祭神の名前に大御神とか親とかついてますしね。イズノメも古事記にある名前です。月並祭は月次祭が元ネタですし、参拝前に手を洗い…

教えて神様

御利益 以前黒い車に追いかけられたときに神様に助けていただいたことがあります。 unlearn-mahikari.hateblo.jp先日出かけた際に神社の近くの店で買い物をしようと思い立ちました。後から考えると別に急ぐような用事でもなかったんですけどね。お店にはちゃ…

縁結びの神様

昔、縁結びの神様に参拝に行きました。その後すぐに出会ったのがうしおさんですので、神様からいただいたご縁だと思っています。その神社の前をたまに通ることがあり、気になっていながらいつも通り過ぎるだけでした。先日お礼を言おうと踏ん切りをつけ、行…

神風

うしおさんの体調が悪いこともあり、その日は私の思いつきで氏神様の神社に行きました。参拝してお礼を申し上げた後に、うしおさんが「tenさんが柏手を打ったら神風が吹いた」と興奮気味に言いました。 私には「そういえば風が吹いているなぁ」という程度に…

真光式感謝

真光の教えの「痛みに感謝」って変ですよね。マゾヒストじゃあるまいし、痛みや不幸そのものに感謝できるわけがありません。 確信をもって言いますが真光は感謝が大嫌いです。よってそんなきれいな気持ちは信者に持ってほしいわけがありません。 真光が言う…

神道の教科書、神社検定

以前から「神道は教典がないなぁ」と思っていました。書店のセンスの問題なんでしょうが、神道の本はなかなかいいのが置いてありません。おみくじに書いてある神の教えぐらいしかないなぁとボヤいておりました。 unlearn-mahikari.hateblo.jp 先日遠出をした…

仕事運上昇

どうしてなのかは分からないのですが、ぼんやりとして通勤用のカバンに御朱印帳を入れてしまいました。 「まぁいいか、何か意味があるかもしれないし」と思ってそのときはそのまま忘れて週明けにそのまま出社しました。人生で初めて御朱印帳を職場に持って行…