読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真光やめたら幸せになりました

真光抜けて十数年経ってようやく洗脳が解けました。

カルトの見分け方

私の感謝:災い転じて福となす。

不幸が起きても、それが単なる不幸のままで終わるとは限りません 人間関係でもめたけど、誤解が解けたし自分の悪いところも反省した。 相手の浮気で大好きな人と別れて、毎日泣いて暮らしていたけれど、よく考えたら暴力は振るうし借金癖のある人だった。 事…

カルトの見分け方:勧誘してくる

路上や訪問で勧誘してくる宗教はろくなことがないので避けましょう。目的を隠したり嘘をついて呼び寄せて、実は宗教の勧誘だったなんてのは最悪です。逃げましょう。断るときに理由を聞かれるかもしれませんね。しかし具体的なことを答えてはいけません。こ…

カルトの見分け方 特別と非常識

「常識を非常識に」 とかいってる真光は直球で当てはまります。「今までの○○ではダメ」と脅しとセットにすると詐欺で使いやすいんですよね(エセ医学でもよくある言い回しです)。 用例:「現代医療はダメ、手かざしは特別に許された業」とか「今までの先祖祀…

伊勢神宮

一生に一度は行きたいお伊勢様にやっと来れました。 伊勢市には街は景観を守るための規制があり、地味な風景ですがゴミ一つ落ちていません。もう街全体が神聖な感じがします。人々もとても優しくて親切です。しきたり通りに最初は外宮さん(豊受大神宮)に行…

幸せの定義

真光では幸せを「健・和・富」と定義しています。健康と人間関係とお金という意味です。健……医療否定で悪化、早死に。 和……宗教が原因で夫婦、親子、家族が対立。 富……月々500円で済むと思ったら大間違い。何かとお礼を強要。「健・和・富」とは「この宗教に…

歴史が浅い

長い年月が経っても残っているものには、それなりに意味や価値があります。本当のよしあしというものは長い時間が経たないと分からないものです。真光は千年後にあると思いますか?地元で長く崇敬を集めている宗教はよい宗教である確率が高いです。

カルトの見分け方4 奇跡・ご利益信仰

真光は奇跡そのものが売りですのでアウトです。 病気直しの看板なのに中身は医療拒否ですから悪どいものです。こういうやり方に真光の神とされるものの意図を感じますね!もちろん普通の宗教も、奇跡を売りにしているところはたくさんあります。伝統宗教だっ…

カルトの見分け方3 手間や時間がかかる

「お金じゃなければいいのでは」と思ってはいけません。お金は後から取り返せなくもないですが、時間は取り返せません。 手間や時間の負担がそれなりにあった方が「特別なことをしている感」がありますが、その特別感がクセモノなのです。おまじない程度でし…

カルトの見分け方2「お金がかかりすぎる」

人間は脅されると全財産差し出した上に借金までして、更に命まで捧げるものなのです。他人からは単なるバカにしか見えないかもしれません。しかし本人は真剣です。不安を解消するためなら人間は結構な犠牲を支払いますよ。まともな宗教はあんまり高いお金は…

カルトの見分け方1「不安にさせる」

カルトの見分け方を少しずつ説明していこうと思います。カルトは脅して不安にさせます。これが最大のポイントと言っていいでしょう。 真光の教義を思い返してみるとさんざん脅してますね。 「不幸は霊障が原因」「正しい先祖祀りをしてないから戒告が起きる…